実家で両親が住んでいる桜台の住宅をリフォームして2世帯で住むことにしました。
かなり間取りを大幅に変えてキッチンの場所、トイレ、お風呂場、リビングの位置も変わる大きなリフォームになりました。
一軒家を購入するくらいのリフォーム費用が掛かりましたが、家族そろって住める夢が叶うので金額が大きいことは仕方ないかなと思っています。
リフォームが始まって、困ったのは工事中、いろいろと変更があり、工事期間が大幅に伸びてしまったことです。両親も住みながらのリフォームなのでいろいろと不自由をかけてしまいました。
お風呂は半年以上も外の銭湯に通ってもらいましたし、キッチンもガスのカセットコンロを使って料理をしていたそうです。
それなのに2か月も工期が伸びてしまい申し訳なかったです。新築などでそこまで工期が伸びることはないので、リフォームは取り壊してみて初めて分かることもあったようで、追加の工事もしました。
ということで費用も正直追加工事によって、上がりましたし、リフォームは新築を建てる以上に大変なことだと分かりました。